日々のお茶


毎日のお茶記録と日記
by slothrin
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

つむじ風食堂の夜

つむじ風食堂の夜/吉田 篤弘

『それからはスープのことばかり考えて暮らした』の吉田篤弘さんの本2冊目。
結構前に買って、ずっと暖めていました。

月舟町に住む「雨降り先生」と、彼の行きつけの食堂「つむじ風食堂」に集まる人々を描いた、穏やかだけどほんの少し奇妙な物語。
登場人物の体温、みたいなものは『スープ』とも共通していますが、こちらの方がもっと落ち着いた雰囲気があります。登場人物が大人ばかりだからかも。
雨降り先生と、同じアパートに住む奈々津さんの心の通い合いは、じわーっと心に効いてきて、好きです。
また、まだ続きそうな余韻を残して終わるのも良いです。

また吉田さんの本、借りて読もう。
[PR]
by slothrin | 2008-05-11 10:25 | 本と映画と音楽
<< 『かもめ食堂』 今日のお茶 >>